プロテインはなぜ飲むのか?プロテインが筋トレに必要な理由とは?

まずプロテインってなに?

『プロテイン』とは『タンパク質』を英語に訳しただけで、勘違いしている人も多くドーピングなどと捉えている人もいるが大きな間違いである。人間の半分以上は水分ですが、筋肉はもちろんのこと内臓、骨、血液、髪の毛、皮膚、爪に至るまで全てが『タンパク質』からできている。タンパク質が不足すると様々な部分が正常に機能しなくなる危険性があり、そうならないためにも重要な栄養素である『タンパク質』は必ず摂取しておかなければならない。

タンパク質ってどれくらい必要?

たんぱく質の摂取量について、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」では成人だと体重1kgあたり1gが、健康的な生活を送る上で最低限必要な量とされている。これは普段から運動をしていない一般人であれば体重1㎏あたり1gという目安であるが、しかしながら、これはあくまでも特に運動していない一般人の摂取量である。

筋肉をつけたい、カッコいいカラダになりたい、競技パフォーマンスを上げたいという日々トレーニングを行なっている人だと1gだと全然足りていない。こういった知識が無いままトレーニングを行なっている人も多く効率の悪いトレーニングになっていて、もちろん筋肉も付きにくく理想的な身体に届かずモチベーションも維持しにくい。

日頃からトレーニングを行なっている人やアスリートなどの方は必ず『タンパク質』を意識した食事が必要になります。

よく言われている目安としては男女とも、体重1キロあたり2グラム程度摂取すると良いだろう。

 

(例)体重60キロの場合だと120グラムのタンパク質を摂取する計算になります。

タンパク質が不足するとどうなる?

人間の身体にとって重要な『タンパク質』が不足するとどうなるのか?明確にカラダに不調が現れる。そもそもカラダの材料が不足すれば、生命維持にも不調をきたす。

さらに、スポーツなどの活動を行っている場合は筋肉がダメージを受けるため、そのダメージを修復するために、普通よりも多くの「材料」が必要となる。

材料が不足すると、カラダづくりがうまくいかない、体調を崩しやすくなる、ケガをしやすい、ケガの回復が遅い・・・というような、望ましくないことが起こりうる。

よりよくなろうと思って、スポーツしたり、トレーニングを行っているなら、たんぱく質を十分に摂ろう。

タンパク質はどうやって摂取するの?

基本的にタンパク質を取るにはプロテインを飲むことも大事ですが、食事から摂取するタンパク質がとても大切になってきます。

牛肉、豚肉、鶏肉、卵、魚、海老、大豆、乳製品などタンパク質にも沢山の種類があります。

アスリートやボディビルダーや本気でトレーニングをしている方は毎回の食事に必ずと言っていいほどタンパク質のことを考えて食事を取るのが基本です。

トレーニングを追い込むこともとても大事ですが、食事から筋肉の元となるタンパク質をいっぱい摂らないと頑張って鍛えたとしても筋肉が付いてくれません。

朝食に卵を一個足してみるであったり、いつもお昼はラーメンなど炭水化物メインだったのをタンパク質が多い食事に変えてみるだけでも全然筋肉の付き方が変わってくるので自分自身が無理をせず、長期的に続けられるメニューを考えてタンパク質を摂取するように心掛けましょう!

『1番のマッチョへの近道は継続することです』

プロテインの種類って?

プロテインはいつ飲めばいいの?